スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

複数のリバーブの使い方と役割について

世の中には様々な種類のリバーブがあり、またパラメータも多い事から感覚的に扱う方も多いのでは無いでしょうか。



今回はリバーブが音に与えてくれる影響(役割)を整理して、また複数のリバーブを使い分けたり、逆に1つしか使えない時に狙った効果をしっかり出す為の方法をまとめてみました。

ミックスに使うのにも、音作りに使うのにも役に立つのではないでしょうか。

リバーブとは何か リバーブは音に味付けをしてくれるエフェクトです。インプットしたシグナルに対して、複雑なパターンのエコー(反響)を付けたしてくれます。なので元々リバーブは現実の空間から得られる反響をシミュレートした物になります。

現実の空間の反響、と言っても中々意識する事は少ないかもしれません。
自室で手を叩いてみましょう。そこそこ反響してやや太い音が出ますよね。
次にリハスタで手を叩いてみましょう。短くペタっとした音が聴こえるはずです。

このように色んな環境で手を叩く事によって、リバーブの成分をより確かに認識資する事が出来ます。特に反響が少ない部屋に一度行くと意識できるようになる気がします。

リバーブの5つの役割 リバーブはこのように部屋の反射を足して、よりナチュラルなサウンドをマイク録りの音源に与える事が出来ますが、それ以外の使い方…クリエイティブで独創的な使い方もまた有名なところであります。
リバーブは以下の5つの特性を強めてくれるエフェクトと考えると分かりやすいでしょう。 Blend:混ぜる 主にミックスや、あとはヘッドホンで演奏するときに使う役割です。 全てのトラックの音を、全体のミックス空間に対して幅や範囲を広げる事が出来ます。
繋がっていない楽器たちを寄り添うように、またミックス全体に結束力をもたらす事も可能です。
その中で混ざっていない楽器は前に出てきて、リスナーに近くなります。一方よくまぜられた楽器は背景のように後ろの方に行きます。結果としてリスナーから遠のきます。
したがってBlendの考え方はミックスにおける前後の距離感の発想に近いと言えます。
以前執筆したアンプシミュにおける音作りだったりGt-1の使い方で提案した、短いリバーブをかけようという提案は、キャビネットに耳を押し付けたようなサウンドを軽く後ろに追いやる事でアンプの前1mぐらいで音作りをしている感覚にしようという物です。
ミックスとは違って…

最新の投稿

Darkglass Electronics MICROTUBES B7K レビュー

インスト作曲におけるメロディ、ギターフレーズの作り方について

Moore GE-200レビュー:使い方とアンプモデリング

Intervals Aaron Marshallの機材とギターの音作りまとめ

DTMミックスで低音を綺麗に処理する方法:ローカットとハイパスフィルター

音楽理論補習講座:第二回~転回(Inversion)とトライトーン:和音の転回や分析の強い味方

Kemperを試奏してみよう!5分で分かるケンパーの使い方

音楽理論補習講座:第一回~音程(Interval):平均律からの音程の成り立ちや、完全音程の意味

Dreamthaterのキーボードをコピーする為のジョーダンルーデス氏のテクニックや音作り参考集

CONISIS / BA004 BLACK MESSIAH:レビュー 大村孝佳シグネチャーバッファー