スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ghs BASS BOOMERS:ベース弦 レビュー~ベースの音にパンチが欲しい人におすすめ~

久しぶりに愛用ベース弦から、再びベース弦探しの旅に出たので三年ほどスタンダードで使っていたghs stringsのニッケルワウンド弦ghs BASS BOOMERSをレビューしたいと思います。

半分備忘録ですね。ghs(ガス)と呼ぶらしいです。初めて知った。

普通の楽器屋さんでもそこそこ置いてあります。3000円以下で買える比較的リーズナブルな弦です。

ghs エレキベース弦 BASS BOOMERS/ベースブーマーズ ミディアム 45-105 M3045X

簡単にまとめるとパワーが欲しい、パンチが欲しい、太い音が欲しい。これ系の悩みのベーシストは一度試してみる価値があると思います。

使用ベーシストフリー(レッチリ)岡峰光舟(バックホーン)ひなっち(ストレイテナー、ナッシングス他) ここら辺ですね。共通点探っていくとギターがどっか行っちゃうんで何とか音圧ベースで出さないと!!!という人達です。マジでこの用途には最適です。何を隠そう私もその用途で使い始めまして。

この音源もこの弦を使ってレコーディングをしております。このバンド、ラウドにどんどん音楽性が寄って行くにも関わらず頑なにギターは一本、同期は使わないという縛りプレイをしていた為にベースで何とか音圧を出さにゃいかんな、という事で色々と試す事となりました。それこそ15種類ぐらい試したんじゃなかろうか。
そんな中でこの用途であれば確実に推せるベース弦がghs Bass BOOMERSです。 (ひなっちはシグネチャー弦が出て以降は使ってないっぽいです)
デメリット 先にデメリットを言っておきますと、完全に死んだ時の音が微妙。以上でございます。ぼわついたローぐらいしか出ない。
コンスタントにLIVEだったりベーシストとして気合の入ったRECをする訳でも無い、かといって全く演奏機会が無い訳でもなくすっとベースを手に取った時にそこそこまともな音をしていて欲しいという今の僕の欲求からはやや外れているのかなぁと。
今回完全に死ぬまでにライブ三本分のリハ(2時間×4×3=24時間)と本番はこなしてくれて、大体期間にして3か月とちょっとですか。ぶっちゃけ充分酷使していますねw
普通にベースしかやっていないプレイヤーなら十分な耐久力かと思います。で、新品張り立てからそこそこの半死にの状態は結構良いコンディションで耐えてくれます。
それ…

最新の投稿

Vivie IRENE66:レビュー~音作りに惑わされずテクニカルギターを弾きたい人へ~

John Petrucciの音作り:プログレメタルのクリーンやクランチリード、リフサウンドまで

エレピ 音作りのコツ:KRONOS EP-1を使って音作りを考える

BOSS刀アンプ-KATANA Headレビュー:最強の自宅練習用アンプ??

菅野よう子、魔人説:強烈な個性を出す為には

制作、録音、ミキシング時のモニタリング音量の話

ピアノインストバンドおすすめ:8選

菅野よう子、魔人説:幅広く沢山の曲を作る為に必要な事とは

ドラム打ち込み研究:奏法編(BFD3準拠)